結婚式のマナーTOP >  披露宴に招かれたとき >  ご祝儀を贈る > 

ご祝儀の相場

ご祝儀の相場

披露宴に出席する場合、お祝い金の額は最低2万円が相場です。お祝いを出す人の年齢や地位が高い場合や、相手とのつきあいが深い場合は、多めに包むことが多いようです。

友人や知人、同僚に贈る場合は、2~3万円が相場。ビジネス関係の人の場合は、周囲と相談し、つきあいの程度によって金額を決めます。

4と9の付く金額は、「死」「苦」に通じるとして嫌われます。「割り切れる」と解釈される偶数の金額も避け、奇数になるように包みます。

ただし、2は「ペア」「二重の喜び」などと解釈できることから、2万円はよいとされています。

祝儀袋

現金は新札を用意し、のし付きの祝儀袋におさめます。

水引は、赤白か金銀の「結び切り」が決まりです。「蝶結び」の水引は、ほどけるという意味があるため、結婚の祝いにはタブーです。

表書きは「寿」「御祝」などとし、水引の下に、自分の名前をフルネームで書きます。中包みには、表側に金額を、裏側に自分の住所と名前を書きます。

市販の祝儀袋は、金額に見合ったものを選びます。水引や袋が豪華になるほど、中身の金額が多くないとつり合いません。表書きや中包みに書く字は、毛筆や筆ペンではっきりと書くのが決まりです。慶事では、薄墨や細い文字は不吉とされるので要注意です。

最近ではネットで祝儀袋を購入される方が多いようです。色々な種類があるので自分の気に入ったのを選ぶのも良いと思います。

ふくさ

お祝い金は、直接相手の家へ持参するのが正式です。遅くとも、挙式の1週間前までに贈ります。

持参する時間がない場合は、現金を入れた祝儀袋を現金書留の封筒に入れて送ります。同時に、お祝いの言葉を書いた手紙を別便で送ります。

最近では披露宴会場の受付でお祝い金を渡すことが増えています。

披露宴に持参する場合、ふくさに包んで持参するのがマナーです。ふくさを持っていない場合、ハンカチでも問題ないでしょう。

ふくさ

商品番号HA-169

価格 1,000円 (税込 1,050 円) 送料別

ふくさ

商品番号茶道具ふくさばさみ

価格 1,000円 (税込1,050円) 送料別

夫婦で出席する場合は?

夫婦で招かれた場合は、お祝い金も2人分というのが基本です。

相場では1人あたり2万円、合計4万円となります。4という数字を避け5万円とするのが一般的です。

スポンサードリンク

   前のページ【 招待状への返事を出す 】    次のページ【 ブライダルギフトを贈る

結婚式のマナーTOP >  披露宴に招かれたとき >  ご祝儀を贈る >