結婚式のマナーTOP >  披露宴に招かれたとき >  ブライダルギフトを贈る > 

ギフト

結婚式のギフト

結婚祝いのギフトを選ぶときは、次の点を心がけるとよいでしょう。

●本人の希望を聞く

親しい間柄なら直接ほしいものを尋ねるのがベスト。贈り物の候補をリストアップし、そのなかから選んでもらう方法もあります。

●いくつあってもよいものを贈る

相手の生活様式や好みの色などを聞き、時計や食器類など、いくつあってもよいものを贈ります。

●グループで高価な品を贈る

友人たちとお金を出し合って、家電製品などの高価なものを贈るのもよい方法です。

最近では食器セットや時計、キッチン用品などの実用品が喜ばれています。家庭医学や料理の本など、新生活に役立つ書籍も重宝がられます。

かつては、ハサミや包丁などの刃物は「切る」「壊れる」などの言葉を連想させるとして、結婚祝いにはタブーとされていました。しかし最近では、「人生を切り開く」とも解釈されるので、相手からリクエストがあれば贈ってもよいでしょう。

反面、あまり人気がないのはティーカップセットや花瓶など。用途がかぎられるうえ、重複してもらいやすい、などの理由からでしょう。

ギフトに添えるメッセージ例

このたびのご結婚、まことにおめでとうございます。

来月○日にお式を挙げられるとのお知らせをいただき、私ども一同、心から喜んでおります。本日、お祝いのおしるしまでに心ばかりの品を○○よりお贈りいたしました。お納めいただければ幸いに存じます。

スポンサードリンク

   前のページ【 ご祝儀を贈る 】    次のページ【 スピーチの依頼

結婚式のマナーTOP >  披露宴に招かれたとき >  ブライダルギフトを贈る >