結婚式のマナーTOP >  披露宴に招かれたとき >  スピーチの依頼 > 

結婚式のスピーチ

結婚式のスピーチ スピーチは事前に依頼されるのがふつうです。依頼されたら、当日までに原稿を準備しておきましょう。 時間的には、主賓なら3~4分、友人なら2~3分を目安にします。文章にすると、400字詰め原稿用紙2枚分か、だいたい3分にあたります。

スピーチの内容は、お祝いの言葉に始まり、話し手の自己紹介、新郎新婦の人柄がしのばれる話題、新生活への激励、そして最後にもう一度お祝いの言葉で締めくくるのが一般的です。

話題は、新郎新婦のよい面をさりげなく披露するものにかぎります。自慢話や暴露話、政治や宗教の話題は避けましょう。

立場を弁えたスピーチ

上司、同僚、友人など、それぞれの代表としてスピーチを依頼されているわけですから、自分の立場をよく踏まえて内容を準備したいものです。

●上司・同僚としてスピーチする場合

職場でのエピソードをあげて、有能な仕事ぶりや人柄のよさをさりげなく披露します。主役の失敗談を語ったり、会社のPRを述べるのは禁物です。

●友人としてスピーチする場合

学生時代の思い出など、心温まるエピソードをあげて、主役の人柄のよさが浮かび上がるような話にします。ウケをねらった暴露話や、仲間うちでしか通用しないジョークは避けるべきでしょう。

スポンサードリンク

   前のページ【 ブライダルギフトを贈る 】    次のページ【 受付の依頼

結婚式のマナーTOP >  披露宴に招かれたとき >  スピーチの依頼 >