結婚式のマナーTOP >  披露宴に招かれたとき >  受付の依頼 > 

受付

新郎新婦や両家の両親に代わって、招待客を迎えるのが受付です。第一印象がとても大切になりますから、自分も主催者側の立場になって、失礼のない応対に務めましょう。

当日の服装は、男性ならブラックスーツやダークスーツ、女性ならやや控えめなワンピースやスーツ姿。メイクも控えめに。会場へは遅くとも一時間前には入ります。事前の打ち合わせが予定されている場合には、指定時刻に遅れないようにしましょう。

通常、打ち合わせは招待客名簿をもとに次のようなことが行なわれます。


①欠席または遅れる予定が入っている出席者はいるか

②主賓や仕事関係のVIPなどで、特に到着を知らせる出席者はいるか

③すでにお祝い金を頂戴していて、記帳だけの出席者はいるか

④受付は何時で切り上げるか

⑤終了後、預かったお祝い金を誰に手渡すのか

などを確認することになります。

受付の場所と備品をチェック

受付はふつう新郎・新婦側から各一名ずつ選ばれます。互いに自己紹介をすませておきましょう。 まず受付の場所を確認し、必要な備品をチェックします。招待者名簿、席次表、芳名帳と筆記用具、祝儀袋を納める受盆などです。

足りないものがあれば、会場の係に頼んで用意してもらいます。

案内ができるように

受付は通常、開宴の三〇分前からめます。その前に、招待客に尋ねられたときにすぐ案内ができるよう、受付周辺の建物の中をひと通り下見しておきましょう。

とくにクローク、化粧室、公衆電話や売店、控室や更衣室などはよく聞かれる場所です。また、自分のトイレや身だしなみの最終チェックもすませておきましょう。

お祝い金をまとめ係に手渡す

招待客が全員そろったところで、自分たちも芳名帳への記帳とお祝い金を出します。預かったお祝い金は専用の袋に入れて封印し、芳名帳と一緒にあらかじめ指示された人に手渡します。

親族ではありませんから、中身の金額まであらためる必要はありません。

受け付けた数があるかだけ確認しておきましょう。

スポンサードリンク

   前のページ【 スピーチの依頼 】    次のページ【 余興を頼まれたら

結婚式のマナーTOP >  披露宴に招かれたとき >  受付の依頼 >