結婚式のマナーTOP >  披露宴に招かれたとき >  男性の服装 > 

男性の服装

一般の来賓の立場であれば、準礼装のブラックスーツやディレクターズスーツ、もしくは略装のダークスーツを着るのが一般的です。モーニングやタキシードでもかまいません。

夜の準礼装では、男性も多少華やかに装うことが多いようです。準礼装であるファンシータキシードやカクテルスーツなどでドレッシーにきめましょう。

スーツのデザインは、ダブル、シングルのどちらでもかまいませんが、シングルの場合は、グレーまたは上着と共布のベストを着用します。

勤務先から、ビジネス用のダークスーツで披露宴へ直行するときは、ネクタイやカフスをドレッシーなものに替え、胸にポケットチーフを飾ります。

ネクタイは白を合わせる人が多いのですが、これは、いわば流行で、正式ではありません。慶事には、白黒の縞もしくはシルバーグレーのネクタイのほうが望ましいといえます。

スポンサードリンク

   前のページ【 女性の服装 】    次のページ【 子供の服装

結婚式のマナーTOP >  披露宴に招かれたとき >  男性の服装 >