結婚式のマナーTOP >  披露宴に招かれたとき >  余興を頼まれたら >  余興

余興

余興は、固くなりがちな披露宴の雰囲気をなごませ、盛り上げてくれるものです。依頼されたら、恥ずかしいから、忙しいから、などと辞退せず、快く引き受けたいなのです。新郎新婦へのささやかな贈り物と考えましょう。

披露宴の列席者は、年齢層が幅広いので、若い人でも高齢者でも楽しめる余興にしたいものです。お祝いの席にふさわしい歌や楽器演奏など、自分の特技を生かした余興もよいでしょう。会場にいる人全員が楽しめるクイズやゲームなどを企画しても喜ばれます。

ひとりよがりになったり、仲間うちにしか内容が伝わらないものは、余興として不適切です。

準備に時間がかかる大がかりなもの、演出が凝りすぎたものは、トラブルの原因になりかねないため、避けたほうが無難。楽器の演奏でも、大音響を発するものは、披露宴にはふさわしくありません。

スポンサードリンク

前のページ【立場を弁えたスピーチ】    次のページ【余興の準備

結婚式のマナーTOP >  披露宴に招かれたとき >  余興を頼まれたら >  余興