結婚式のマナーTOP >  披露宴に招かれたとき >  女性の服装 >  和服

和服

結婚披露宴では、和装でも洋装でも、主役の花嫁より控えめに装うのがマナーです。さらに和服の場合、ミスとミセスとでは着物の種類が異なるので注意が必要です。

ミスの装い

ミスの正装は振袖ですが、花嫁がお色直しで本振袖を着る場合もあるため、招待客は一段格を落とした中振袖を着るのがエチケットです。

ミセスの装い

ミセスの正装は黒留袖ですが、媒酌人夫人や年配の親族以外は、準礼装である訪問着や色無地を着用するのが一般的です。

格式の高い式なので正装を、という場合は、黒留袖と同格の色留袖を着用するとよいでしょう。 訪問着や色無地は、未婚、既婚に関係なく着ることができます。若い未婚女性は華やかな色柄を、ミセスは落ちついた色合いのものを。着物の柄は、松竹梅や扇、など、おめでたく格調の高い柄を選びたいものです。

着物が地味なときは、帯や伊達襟、バッグ、草履など、小物の色合いを華やかにしましょう。和装のときは、着くずれを起こさないよう、身のこなしに注意します。

乾杯のときに高く腕を上げると、ひじのあたりまでむき出しになって見苦しいものです。グラスは胸の高さにかかげましょう。

階段を上り下りするときは、裾が乱れないよう、歩幅を小さくします。足を組んですわるのは絶対に止めること。

スポンサードリンク

前のページ【お祝い金をまとめ係に手渡す】    次のページ【洋服

結婚式のマナーTOP >  披露宴に招かれたとき >  女性の服装 >  和服