結婚式のマナーTOP >  披露宴に招かれたとき >  ご祝儀を贈る >  祝儀袋

祝儀袋

現金は新札を用意し、のし付きの祝儀袋におさめます。

水引は、赤白か金銀の「結び切り」が決まりです。「蝶結び」の水引は、ほどけるという意味があるため、結婚の祝いにはタブーです。

表書きは「寿」「御祝」などとし、水引の下に、自分の名前をフルネームで書きます。中包みには、表側に金額を、裏側に自分の住所と名前を書きます。

市販の祝儀袋は、金額に見合ったものを選びます。水引や袋が豪華になるほど、中身の金額が多くないとつり合いません。表書きや中包みに書く字は、毛筆や筆ペンではっきりと書くのが決まりです。慶事では、薄墨や細い文字は不吉とされるので要注意です。

最近ではネットで祝儀袋を購入される方が多いようです。色々な種類があるので自分の気に入ったのを選ぶのも良いと思います。

スポンサードリンク

前のページ【ご祝儀の相場】    次のページ【ふくさ

結婚式のマナーTOP >  披露宴に招かれたとき >  ご祝儀を贈る >  祝儀袋