結婚式のマナーTOP >  結婚式への準備 >  挙式の費用 >  挙式の費用

挙式の費用

挙式・披露宴の費用は、婚約から新婚旅行までにかかる費用全体の費用を見たうえで検討します。結婚費用の総額に占める挙式・披露宴費用の割合は、平均で約70%。「招待客80~90名の披露宴で300万円」が相場のようです。二人の貯蓄と、双方の家庭で用意できる額の範囲内で、予算を立てることが大切です。

挙式の費用

挙式・披露宴にかかる費用のうち、大きな割合を占めるのが、料理・飲み物代です。一人あたり1万5千円前後が相場。ホテルの披露宴ではやや高くなるようです。

一人あたりの料理・飲み物代に、おおよその招待客数をかけた数字が予算の中心になります。これに、挙式料や衣装代、装花代、引き出物代などを加えると、かかる金額の見当がつきます。

当日、予想以上に飲み物代がかかってしまうこともあるため、余裕を持って予算を立てましょう。

結婚にかける金額は、地域によって差があります。出身地の違う二人が結婚する際は、地域の慣習を互いに理解する必要があります。

スポンサードリンク

前のページ【披露蔓で人気の料理は?】    次のページ【婚礼パック

結婚式のマナーTOP >  結婚式への準備 >  挙式の費用 >  挙式の費用