結婚式のマナーTOP >  結婚式への準備 >  各種届け出の提出 >  各種手続き

各種手続き

●住所変更・住民票移動

今まで住んでいた地域の役所に転出届を出し、転出証明書を発行してもらいます。引っ越し後14日以内に、新居がある地域の役所に転入届を出します。前の住所と新居が同じ市区町村にある場合は、転居届を提出します。

●電気、ガス、水道の使用開始手続き

それぞれ引っ越しの1週間前までには、最寄りの営業所に電話で連絡をしておきます。新居に届け出の用紙が一式準備されている場合は、必要事項を記入して郵送すれば完了です。

●電話の新設・移転

最寄りのNTTの営業所か、電話(116番)で申し込みます。新設工事の場合、引っ越しの多い3~4月は込み合うので注意。

●住所・氏名変更にともなう手続き

郵便局に、住所、氏名変更の届け出をします。挙式や新婚旅行で海外に行く人は、パスポートの住所・氏名変更を早めにすませましょう。そのためには、事前に婚姻届を提出し、新戸籍謄本と住民票を用意する必要があります。

運転免許証、自動車登録、銀行口座などの変更手続きも忘れずに。

スポンサードリンク

前のページ【退職する場合】    次のページ【各種届出チェックリスト

結婚式のマナーTOP >  結婚式への準備 >  各種届け出の提出 >  各種手続き