結婚式のマナーTOP >  結婚式への準備 >  挙式の費用 > 

挙式の費用

挙式・披露宴の費用は、婚約から新婚旅行までにかかる費用全体の費用を見たうえで検討します。結婚費用の総額に占める挙式・披露宴費用の割合は、平均で約70%。「招待客80~90名の披露宴で300万円」が相場のようです。二人の貯蓄と、双方の家庭で用意できる額の範囲内で、予算を立てることが大切です。

挙式の費用

挙式・披露宴にかかる費用のうち、大きな割合を占めるのが、料理・飲み物代です。一人あたり1万5千円前後が相場。ホテルの披露宴ではやや高くなるようです。

一人あたりの料理・飲み物代に、おおよその招待客数をかけた数字が予算の中心になります。これに、挙式料や衣装代、装花代、引き出物代などを加えると、かかる金額の見当がつきます。

当日、予想以上に飲み物代がかかってしまうこともあるため、余裕を持って予算を立てましょう。

結婚にかける金額は、地域によって差があります。出身地の違う二人が結婚する際は、地域の慣習を互いに理解する必要があります。

婚礼パック

多くの式場では、「婚礼パック」を用意しています。これは、料理・飲み物、招待状などの印刷物、写真、ウエディングケーキなど、披露宴に最低限必要な商品がセットになったもので、それぞれを単品で注文するより割安なため、人気があります。

ただし、すでにパックに含まれている商品で不要なものがあっても、それをキャンセルすることはできません。

挙式、衣装、引き出物などは、別料金で加えることができます。

婚礼パックの料金は、式の日取り(曜日、六曜、シーズン)や時間帯によって異なります。

婚礼パックの選択肢を増やし、より希望のスタイルに近づけることが可能な「セミオーダープラン」が増えています。料金を加算することで、基本の婚礼パックの一部を、よりグレードの高い商品に変更できるもので、料理にお金をかけたい、装花を豪華にしたいなど、自分たちのこだわりを実現することができます。

挙式費用の平均

項目 金額
キリスト教式 15万円
神前式 5万円
人前式 3万5000円
料理・飲み物代 2万5000円×人数分
衣装代 40万円~70万円
美容・着付け料 10万円~
写真代 15万円
印刷費(招待状・メニュー) 1000円×人数分
芳名帳 4000円
装花代 10~20万円
ウエディングケーキ代 1000円×人数分
室料 1000円×人数分
控え室料 1~2万円
音響・照明料 250円×人数分
介添料 2万円
ブーケ代 5万円
司会者への謝礼 5万円~
仲人への謝礼 20万円~

※参考程度にお考え下さい。

両家の費用の分担は?

かつては、仲人(媒酌人)へのお礼は両家で折半し、挙式や披露宴にかかった費用や、式場担当者への御祝儀などは、男性側6割、女性側4割で負担することもありました。しかしこれは、男性側のほうが招待客が多いという前提があった時代の話で、しきたりではありません。

現代では、挙式費用や仲人へのお礼など、双方に関係のある費用のみ折半し、衣装代や美容代は各自が自己負担、料理や引き出物の費用は双方が招待した人数分を支払うというケースが一般的です。挙式・披露宴費用には、サービス料や消費税が付きますが、これは折半します。

ブーケの費用は、男性が負担します。女性が好みのものを選び、それを男性がプレゼントとして贈るケースが一般的です。

スポンサードリンク

   前のページ【 披露宴のスタイルを検討 】    次のページ【 挙式の日取りを決める

結婚式のマナーTOP >  結婚式への準備 >  挙式の費用 >