結婚式のマナーTOP >  結婚式への準備 >  挙式の日取りを決める > 

挙式の日取り

世婚約が整ったら、結婚式日取りを決めます。準備や打ち合わせに時間を要するため、少なくとも半年のゆとりを持って、日取りを決めたいものです。時間的な余裕が少ないと、式や披露宴の形式などについて両家でじっくり話し合うこともむずかしくなります。

挙式の曜日のグラフ

挙式の月

人気の式場やオンシーズンの吉日は、1年前には予約で埋まってしまうこともあります。多くの式場では、1年半前から予約を受け付けているので、どうしてもこの日にという希望があるなら、できるかぎり早めに申し込んでおいたほうがよいでしょう。

式や披露宴では、六曜の「大安」の日の人気が高く、大安でかつ土・日曜、祝日ともなれば、かなり早い時期から予約でいっぱいになります。

仮に予約が取れたとしても、大規模な式場やホテルでは何組もの披露宴が重なり、あわただしい雰囲気になりかねません。

最近では吉日は、個人の思いによって成り立つというのが現代的な考え方。日柄がよければなおさらよいという程度に考えておくのが賢明です。しきたりや縁起にとらわれすぎることなく、仲人や列席者の都合、二人の仕事の都合などを考慮して、二人にとって最もよい日を選びましょう。

スポンサードリンク

   前のページ【 挙式の費用 】    次のページ【 披露宴会場を選ぶ

結婚式のマナーTOP >  結婚式への準備 >  挙式の日取りを決める >