結婚式のマナーTOP >  結婚式への準備 >  花婿の衣装 > 

花婿の衣装

花婿の衣装は、花嫁の衣装に格を合わせて選びます。和装の場花嫁の衣装が正礼装である白無垢や色打掛の場合は、花婿も正礼装である黒五つ紋付き羽織袴を着用します。

茶や緑などの色紋付きも、花婿の衣装として人気です。色紋付きは準礼装ですから、女性の準礼装である中振袖に合わせるのが正式です。

洋装の礼装には、おもに次のようなものがあります。

モーニング

昼間の正礼装。黒の上着とベストに、黒とグレーの縦縞のズボンを着用します。

燕尾服

夕方以降の正礼装。黒のテールコートとズボンを着用します。

タキシード

タ方以降の正礼装。黒の上着とズボンに、同色のベストを着用。フリルなどが入った白のドレスシャツに、黒の蝶ネクタイを合わせます。

花嫁の衣装が、カクテルドレスなどの準礼装なら、花婿も準礼装であるダークスーツやディレクターズスーツを着ます。

花嫁が、和装から洋装(もしくはその逆) へお色直しをした場合は、花婿もそれに合わせてお色直しをするのがふつうです。片方が和装で片方が洋装というのは、スマートではありません。花嫁が和装、洋装のいずれかで通す場合は、花婿がお色直しをしないことも多いようです。

スポンサードリンク

   前のページ【 花嫁の衣装 】    次のページ【 ブーケと会場装花

結婚式のマナーTOP >  結婚式への準備 >  花婿の衣装 >