結婚式のマナーTOP >  結婚式への準備 >  新生活の準備 > 

新生活の準備

新居は、挙式の約2~3か月前に決めたいものです。賃貸住宅を借りる、家を購入する、両親と同居する、社宅に住むなどの選択がありますが、賃貸住宅に住むカップルが約5割と最も多いようです。

賃貸住宅を探すときはまず地域、家賃、間取りの3点を決めます。その後、住みたい地域の不動産業者を回ります。

新居選びのポイントは、すべての面で希望どおりの物件はなかなか見つからないもの。自分たちが何を優先させるかを考えておきましょう。

両親と同居する場合は、キッチンやトイレを共有するか、食事は一緒に取るか、などの点を取り決めておきます。二世帯住宅や、1階と2階に分けて住む場合も、お互いのプライバシーを尊重して生活する方法を話し合いましょう。

挙式後または新婚旅行後、新居ですみやかに新生活をスタートさせるために、引っ越しは挙式の約2週間前から始めます。

同時に、今住んでいる家や部屋の掃除、荷物の整理を行います。

引っ越しを手際よく行うためには、まず新居の掃除をします。

カーペットを敷く場合は、荷物を運び込む前に掃除をすませ、その後荷物を搬入します。荷物の配送は、大きな家具や収納家具から先に届くように、購入した店に頼んでおきましょう。

搬入当日は、家具を置く位置を書いた見取り図を業者に渡し、そのとおりに配置してもらうと、後の作業が楽になります。

新居選びのポイント

1通勤に便利か

□駅まで近いか

□最寄り駅に急行や快速は止まるか

□職場までの乗り換えは少ないか

2日常生活に便利か

□買い物に便利か

□銀行や郵便局は近いか

□近くに病院があるか

3環境はよいか

□繁華街などで騒々しくないか

□夜間のひとけが少なくないか

□夜間、周辺の道は暗くないか

4使い勝手のよい間取りか

□日当たりはよいか

□十分な広さがあるか

5家賃は適当か

□予算・収入に見合った家賃か

スポンサードリンク

   前のページ【 披露宴と二次会の準備 】    次のページ【 各種届け出の提出

結婚式のマナーTOP >  結婚式への準備 >  新生活の準備 >